あぶそりゅとり。

例え・比喩・メタファー / サッカー / ビジネス / ゴルフ

【比喩 Vol.4】村上春樹に学ぶ、文学的なツッコミ。

 

f:id:che_hooligan:20151210011349j:plain

 

どうもこんばんは。

 

ここ数日に渡って、一流芸人さんの”例え” を紹介してきました。

今日は芸人から離れて、小説家・村上春樹の比喩(メタファー)をピックアップ。村上春樹と言えば、日本が誇る世界的に有名な小説家です。その独特な文体で多くのファンを魅了してやまないですが、その特徴は何と言っても比喩(メタファー)、つまり例えの部分に現れているのではないでしょうか。

 

そんな村上春樹の『スプートニクの恋人』という作品の中で、冗談を言う相手に対して、登場人物が比喩(メタファー)でツッコミを入れているシーンがあるので紹介します。

 

 

くだらない冗談を燃料にして走る車が発明されたら、あなたはずいぶん遠くまで行けるわよね。

お村上春樹『スプートニクの恋人』

 

 

なんともお洒落ですね〜。ノーマルな関西人であれば、”アホか”とツッコミを入れる部分でしょう。それを村上春樹は、小説という舞台の上でこのような例えツッコミを入れたのです。これは、フット後藤・くりぃむ上田も真似できないですね。

 

皆さんも、時には文学的な”例え”を意識してみてはいかがでしょう?