あぶそりゅとり。

例え・比喩・メタファー / サッカー / ビジネス / ゴルフ

釣りを新たな趣味にすることは出来なかった( ̄  ̄)

f:id:che_hooligan:20160110232635j:plain

2016年の新たな趣味とする予定だった釣りに、釣られなかった。

 

今年から本格的に釣りにハマろうと、昨年末に一度釣り体験は積んだけども、結果釣りの魅力に浸かることはできなかった。理由は明白。気色悪い”エサ”を受け入れることができなかったから

 

昨年どハマりしたゴルフは、ラウンドする度に大きなコストが掛かるのに対して、釣りは道具購入費を除くとコストはそれ程かからない。その都度掛かるコストがあるとすれば”エサ”ぐらい。あのクソ気色悪いエサにコストが掛かるのである。ここでエサの画像を挿入しようと思ったけど、気色悪すぎるので検索すらすることができない。やめとく。なんでこんなに気色悪いエサにお金出してまで釣りせにゃならんのだ!って感じです。お金払ってでも駆除したい対象ですね。

 

ということで、タイトルにもあるけど釣りは新たな趣味にならず。思えば、中学3年の時にもハマってみようかな?と思ったことがあった。当時であれば、虫の耐性も残っていたし、釣りの世界に入ることができたかもしれない。たらればだけど、やっぱりアクションは早いに限る。

 

ただ、この釣りを通して、新たな人の繋がりを手にすることができたし、海の魅力を再認識した。サーフィンでも何でもいいからコンスタントに海に訪れるキッカケがあると良いなぁと思う。今回、釣りをハマることは無かったけど体験してみることで、新たな思考に流れ着いているのでそれだけでも 釣果 があったとする。