あぶそりゅとり。

例え・比喩・メタファー / サッカー / ビジネス / ゴルフ

【企画】マツコと有吉を気持ちよく躍らせる放送作家への賞賛

f:id:che_hooligan:20160224005110j:plain

毎週録画で観ているバラエティ番組。マツコと有吉の切り口がおもしろいし、そこに注目しがちだけど、番組のスタッフが優秀だなぁと思うときがよくある。

特に、スタッフがマツコと有吉という演者をよく理解しているんだろうなぁと思う。二人の活かし方みたいなところがすごい上手い。特に先日の放送で感じました。

 

それは、「新居に引っ越したけど 挨拶回りはどこまでするべき?」という視聴者からのお怒りメールついてトーク。

この質問に対して、よく言うのは向こう三軒両隣だけど、番組スタッフは、想定の家の区画を下に、考えてみようという番組の構成になった。

 

その区画の絵がコチラ。

f:id:che_hooligan:20160224030749p:plain

 もうね、コレを観た瞬間に、アッ!!!と思いました。

こんなもんね、マツコと有吉が最も輝ける設定である!この二人が気持ちよく羽を伸ばしてトークを展開できるお題だ。近所付き合いという人間関係、空想トーク、お互いで架空のトークを盛り上げていくのが得意な二人にとっては超ド級のホームランボール。

僕はこの演者二人を気持ち良く躍らせるステージを作った放送作家さんを賞賛したい。

 

案の定、盛り上がりました。以下参照

 

「それだけじゃやダメ」と2人で話が広がっていくのですが・・・

庭でギャーギャー騒いでいるのに、挨拶に来ないわねって、4・5辺りの人はなるよ。

4・5行ったら3も行かなきゃ、3・4・5は同じ間取りの建売住宅。4・5の家には行ったけどうちには来なかったってなるから、3には行かなきゃダメ。4と3は仲がいい。

14は大地主。地主だからうるさいよ。この辺の土地は元々14の土地だから。

そうなると、1と23も。1と23は権力者だから。あと8も。

14は挨拶行かないと、公園を使わせてもらえないよ。それだとしたら、13も行かないとね。

すると、16と25も何でうちには来ないんだとなるから、16と25も行かなきゃいけない。

1に行ったのに、なんで7には来ないんだとなるから、7も行かなきゃいけない。すると9がすねるから、9も行かなきゃ。そうなったら10も11も行かなきゃ。

妄想の設定からあれこれ話が飛躍して、「結局、全部じゃねーか!」と突っ込みたくなるトークの末、最終的には、「向こう三軒両隣」に加え、悩んだところは行ったほうがいいという答えに落ち着くというサゲです。

もちろん、おもしろい演者二人による功績が大きいけれど、僕はこの演者二人を気持ち良く躍らせるステージを作った放送作家さんを賞賛したい。